柴犬

犬を飼う家庭が増えていますが、その際に大切になるのが『しつけ』です。

幼い頃からしっかりとしつけをしておくことで、トラブルなく幸せな生活を送ることが可能になります。

 

トイレのしつけ

犬のしつけとして第一に挙げられるのがトイレですね。

毎日トイレの場所で排泄できるように教育をしましょう。

しかし間違った場所でオシッコやウンチをしても叱らないようにしてください。

怒られることに恐怖を感じてしまうと、排泄をすること自体に不安を感じて隠れてする癖(クセ)が付くことがあります。

正しいトイレの場所で排泄するためには、そのワンちゃんの排泄物の臭いがついたものをトイレに付けておくと効果的です。

臭いの付いたところで排泄をすればよいのだと認識して、ちゃんとトイレに行って用を足してくれる可能性が高いです。

また、ワンちゃんが起きたらすぐにトイレに誘導してあげるのも有効な方法です。

その際は抱っこせずにワンちゃん自身で歩いてトイレに行くようにしてあげましょう。

そしてちゃんとトイレができた場合は褒めてあげて下さい。

さらにおやつを与えるのも効果的ですね。

ここでオシッコやウンチをすることが良いことだと認識して、今後も毎回正しいトイレの場所で排泄をしてくれるようになります。

 

食事のしつけ

食事もしつけをする必要があります。

ワンちゃんに食事を与えることで主従関係を認識させることができます。

例えばワンちゃんが食べたがっている仕草をみたから食事を与えるのはあまり良くありません。

「お座り!」や「待て!」などの命令をして、ちゃんと従ってから与えるようにしてください。

食事はテーブルから与えないようにしましょう。

テーブルから与えていると、私たちが食事をしている際にもテーブルに顔を近づけて物欲しそうに見つめてきます。

ワンちゃんがおねだりすることを覚えて、人間の食事も欲するようになるので気を付けてください。

 

指示のしつけ

「お座り!」や「待て!」「伏せ!」などの指示をすることでしつけができます。

私たち飼い主がしてほしいことをワンちゃんが理解してくれることでスムーズに生活が送れるようになります。

基本的な指示としては「お座り!」が挙げられます。

「お座り!」を覚えさせることで食事や遊ぶ前、トイレを片付ける際などの少しワンちゃんを待たせる時に効果的です。

また、一緒に散歩をしている時に信号待ちをしていたり、周りの人たちに飛びつくのを防ぐこともできます。

「お座り!」を覚えさせる場合は立っている状態のワンちゃんの鼻先におやつを手に持った状態で近づけていきます。

そしてそのまま上に引き上げていくと、ワンちゃんもその動作に従って上を向きます。

さらにおやつを持った手をワンちゃんの頭の上に動かしていくと、ワンちゃんのお尻が地面に付くと思います。

そのタイミングで褒めてあげて、手に持ったおやつを与えましょう。

この一連の動作を繰り返すことでスムーズに「お座り!」ができるようになります。

「伏せ!」は上記の「お座り!」よりも長い時間待たせる際に効果的な指示です。

私たち飼い主が食事をしている時や動物病院などの待合室で待っている時などに使えますね。

「伏せ!」を覚えさせるには「お座り!」をしている体勢のワンちゃんの鼻先におやつを掴んだ手を近づけて、ゆっくりと床に下していきます。

ワンちゃんもおやつに釣られて鼻先が床まで下がってきます。

そしておやつを持った手を床に這わせながら、ワンちゃんの鼻先から少し離してください。

すると、おやつを欲しくて鼻先を手に近づけてくるので、自然に「伏せ!」の状態ができます。

そこで褒めてあげておやつを与えることで「伏せ!」を覚えてくれます。

 

犬のしつけは最初が肝心です

家族の一員としてワンちゃんを家に迎え入れる際は最初が肝心です。

最初にしっかりとしつけをしていくことで、トラブルなく幸せな関係を築くことができます。

しつけはできるだけ幼い年齢の時に実施しましょう。

成犬になってしまうと、しつけをするのが難しくなってしまうためです。

なかなかしつけができない場合はドッグトレーナーに一定期間預けるのもおすすめですね。

お金はかかりますが、プロのドッグトレーナーがあなたの愛犬をしっかりとしつけてくれます。