尖圭コンジローマの症状は検査方法を解説します

性病の中に尖圭コンジローマというものがあります。ヒトパピローマウイルスに感染することで発症します。

ちなみにこのヒトパピローマウイルスは良性型と悪性型に分類されます。良性型が尖圭コンジローマの原因となり、悪性型が子宮頸がんの原因となります。

実際に尖圭コンジローマがどのような性病なのかということを詳しく見ていきましょう。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマは男女ともに感染します。どちらもピンク色や茶色のカリフラワー状の小さなイボができます。

症状が進行していくことで、イボのサイズが大きくなってきて、数も増えていきます。

男性の場合はペニスの亀頭や包皮の内側、陰嚢、喉などに症状が現れます。

一方で女性の場合は大小陰唇、腟前庭、腟、子宮頸部、喉などに症状が現れます。

尖圭コンジローマに感染すると小さなイボができるので、感染したかどうかはすぐに分かります。

しかし発症までには3週間~8ヶ月程度もかかることもあり、症状が出ていない状態で性行為をすることで相手に移してしまうこともあります。

また潜伏期間が長いため、不特定多数と性行為をしている場合はどの相手から移されたのかを特定するのが難しくなります。

検査・治療方法

尖圭コンジローマの検査は医療機関で実施しています。性病科や皮膚科、泌尿器科、産婦人科などで受けられます。

明らかに症状が現れている場合は早期に病院で治療をしてもらいましょう。イボの数が増えるとそれだけ治療が大変になります。

ヒトパピローマウイルスに感染しているかどうかを検査方法としては、患部の診察を実施して異変がある部位の細胞を綿棒などで採取して実施します。

尖圭コンジローマの感染が認められた場合は外科的治療を実施してイボを切除します。

その他には軟膏を塗って治療する方法もあります。

但しイボを切除してもウイルスが体内に滞在しているケースがあります。

実際に尖圭コンジローマに感染して治療を施した方の約25%が3ヶ月以内に再発しているというデータがあります。

そのため、治療を実施しても3ヶ月程度は様子を見なければいけません。

おそらく担当医師からも治療終了してから3ヶ月後にまた来院してくださいと伝えられると思います。

予防方法

尖圭コンジローマを完全に予防できる方法はありません。

尖圭コンジローマに感染している疑いがある相手とは性行為をしないことが何よりも大切です。

たとえコンドームを使用したとしても相手の喉にヒトパピローマウイルスが感染した場合は、オーラルセックスでも感染する可能性があります。

このことは他の性病にも当てはまります。オープンなセックスライフは控えて、信頼できる特定のパートナーとのみ性行為をするようにしてください。

トリコモナス感染症は女性に多い性病です

トリコモナス感染症という性病が存在します。トリコモナス原虫という小さな虫に感染することでさまざまな症状が現れます。

非常に小さいので、肉眼で確認することはできません。特に女性が感染するケースが多いという特徴があります。

最近では若年層だけでなく中高年層でも感染者が増えている傾向があります。

トリコモナス感染症

トリコモナス感染症の症状

トリコモナス感染症は男性女性に関係なく感染しますが、男性が感染した場合は症状が現れない(無症状)ケースが多いです。

ごく稀に尿道炎や前立腺炎・精巣上体炎・亀頭包皮炎などの症状が現れることがありますが、全体の5%程度の低い確率です。

また排尿時にトリコモナスを外部に排出して洗い流されることもありますね。

一方で女性が感染した場合は様々な症状が現れます。例えば、悪臭のおりものが出たり、排尿障害になったり、膣に痒みや刺激を感じることもあります。

そのまま放置していると、他の性病と同時感染する恐れもあるので、疑わしい症状を自覚したら早期に病院で診察を受けるようにしましょう。

男性の場合は泌尿器科や性病科、女性の場合は婦人科や性病科で診察可能です。

検査方法・治療方法

トリコモナス感染症は病院で検査を受けることができます。

男性の場合は尿検査、女性の場合は顕微鏡検査でトリコモナス原虫が寄生しているかどうかをチェックします。

万が一トリコモナス感染症を患っている場合は内服薬で治療していきます。

女性の場合は抗原虫剤も併用して治療を実施するケースもあります。自覚症状の有無の確認とトリコモナス原虫の確認が必要なため、次の月経後に再度検査を受けなければいけません。

しっかりと治療することで完治することができるので、放置せずに最寄りの病院で治療を実施してください。

感染方法

トリコモナス感染症に感染している相手との性行為によって感染します。発症までに10日前後の期間を要します。

その他にはトイレの便座や浴槽でも感染する恐れがあります。

男性の尿道や前立腺に寄生することが多く、ピンポン感染する可能性が高いので、あなたとパートナーのどちらかに感染していることが分かったら、相手側も検査を受けることをおすすめします。

HIV感染率が高まる

トリコモナス感染症が怖いところはHIVに感染する確率が高くなることです。

そのため、あなたがトリコモナス感染症に感染している疑いがある場合は、絶対に放置しないようにしてください。

HIVに感染して非常に厄介なことになる恐れがあります。

HIVは免疫力を低下させる性病です。身体の抵抗力も低下してさまざまな病気にかかりやすくなります。

また、卵管炎などの骨盤内感染症や子宮頸癌などを患っている女性がトリコモナス感染症にも感染しているケースが多いと言われています。

これらの病気を患っている場合は念のため検査を受けることをおすすめします。

あなたは大丈夫?梅毒の症状や検査費用をチェックしよう

感染に気を付けなければいけない性病の一つが梅毒です。

一昔前までは有効な治療薬が存在していなかったため、梅毒は非常に怖い病気として知られていました。

しかし梅毒に有効なペニシリンという治療薬が開発されたことによって、早期に発見することができれば容易に完治することができます。

梅毒

梅毒の症状

梅毒は皮膚や粘膜などの小さな傷口からトレポネーマというウイルスが侵入することによって感染します。

そのため、性行為をする相手が梅毒に感染した場合はあなた自身も感染する可能性が高いです。

実際に梅毒に感染すると、感染した部位の皮膚や粘膜に小さなしこりができます。そして時間の経過と共に徐々にそのしこりが硬くなったり大きくなったりしていきます。

このしこりは2~3週間経過すると自然に消滅してしまいます。

しこりが無くなったからといってそのまま放置していると病原体が血液に侵入していき、身体全体に広がっていくので注意が必要です。

ピンク色のあざができたり、赤茶色のブツブツができたりします。

検査によって感染の有無が分かる

梅毒が感染しているかどうかは検査によって判明できます。

しかし梅毒には潜伏期間があり、発症するまで3週間程度の時間を要します。たとえ梅毒に感染していたとしても潜伏期間に検査を受けてもウイルスを検出することができません。

そのため、梅毒の検査をを受ける場合は3週間くらい期間をおいてから実施するようにしましょう。

梅毒の検査は病院で実施することができます。皮膚科や性病科、泌尿器科で検査を申し込んで下さい。

女性の場合は婦人科(産婦人科)でも検査ができます。

検査費用としては診察料が3,000円~5,000円程度、検査代が1,500円程度となっています。

陽性反応が出た場合は治療のための薬が処方されます。薬代は大体3,000円前後となっています。

内服薬の投与期間としては、第1期の症状なら2~4週間、第2期の症状なら4~8週間となります。

つまりできるだけ早期に発見することができればその分早く完治することができます。

梅毒に感染しているかどうかは血清学的診断によって検査が行われるケースが多いです。

—出典—

一般的な梅毒検査では、抗体を調べる血清反応検査が採用されています。梅毒の感染によって体内で作られる抗体を見つけて、梅毒に感染しているかどうかを判定します。血清反応検査では主にSTSとTP抗原法が採用されています。

出典:感染者が増えています!気になる梅毒の症状や検査方法、治療法を紹介

梅毒の予防方法

梅毒の感染を防止するためには梅毒に感染している相手と性行為をしないことが大前提です。

上述しているように、梅毒には無症状の時期もあるため、相手の性器や口腔を確認するだけでは十分ではありません。

そのため、不特定多数と性行為をすることは控えて、信頼できるパートナーとのみ性行為をすることを推奨します。

コンドームでもある程度は予防できますが、梅毒が口腔に感染している場合はキスやフェラチオ、クンニ行為などでも感染してしまいます。

HIVに感染する可能性

梅毒に感染するとHIVにも感染する可能性が高くなります。

また、梅毒とHIVを合併することによって症状の進行スピードが速まるので十分に注意をして下さい。
HIVを合併している場合は皮膚がひどくただれたりするような組織破壊を伴う症状を引き起こします。

さらに梅毒に対する治療効果も薄れるので、HIVとの合併は非常に危険です。