性器ヘルペスは治療しても再発する可能性が高いです

性病の中には性器ヘルペスという病気があります。日本国内において年間7万人程度の感染者がいると言われています。

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスが感染することで発症する性病です。

単純ヘルペスは2種類あります。下半身に症状が出る性器ヘルペスと、口唇や顔に症状が出る口唇ヘルペスです。

今回はまとめて性器ヘルペスとして解説していきます。

性器ヘルペス

性器ヘルペスの症状

性器ヘルペスは一体どのような症状が現れるのでしょうか?性器ヘルペスは男性女性に関係なく感染します。

男性の場合は喉や性器部分に感染します。性器部分としてはペニスや肛門、直腸粘膜などに症状が現れます。その他にも太ももやお尻にも感染することがあります。

感染すると痒みやヒリヒリとした感覚を生じます。その後、1週間ほど経過したくらいから小さくて赤いブツブツ、あるいは水ぶくれなどができます。

中には発熱や強い痛みを感じることもあります。

女性の場合も喉や性器部分に感染します。性器部分としては外陰や膣の入口、肛門付近に症状が出ます。

そのまま放置していると子宮頸管や膀胱などに拡大するので気を付けて下さい。

症状が出ないこともある

性器ヘルペスに感染しても上記のような症状が現れないケースもあります。大体6割くらいの方々は症状が現れません。

そのため、自分が性器ヘルペスに感染していることに気付かずに性行為をして、相手に移してしまうことがあります。

感染経路

性器ヘルペスは性行為によって感染します。

性行為をする相手が性器ヘルペスに感染していれば必ずあなたも感染するわけではありません。

性器部分や口腔内に傷があったり、免疫力が落ちている場合は感染しやすくなります。

コンドームを使用することである程度は予防できますが、100%で予防できるわけではありません。

上述しているように口腔にも感染擦るので、オーラルセックスをすることで感染してしまう恐れがあります。

再発する恐れがあります

性器ヘルペスは治療しても再発することがあるので厄介です。

ある調査では1年以内に8割以上の方々が再発したというデータが存在します。

具体的には過度な疲労を感じていたり、セックスやストレスなどの刺激で再発するケースが多いです。

但し初めて感染した時よりも治るまでの期間が短いので再発した場合は慌てずにしっかりと治療をすることが大切です。

治療方法

性器ヘルペスは2~3週間程度で自然に治るケースもあります。症状が悪化してきていると感じた場合は放置せずに病院で治療を受けましょう。

治療方法としては薬を服用する方法が一般的ですね。症状が軽い場合は軟膏などで治療することもあります。大体5~10日で治ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です