ケジラミ症は陰毛部分が痒くなる厄介な性病です

性行為をする際に気を付けたいのがケジラミ症です。

ケジラミは1mmくらいの小さな虫(昆虫)です。陰毛などに部分に寄生して人間の血を吸う性質があります。

ケジラミ症

ケジラミ症の症状

ケジラミは男女共に感染します。

基本的には陰毛に寄生することが多いですが、毛が生えているところには寄生する可能性があるので、肛門周辺の毛やすね毛、ワキ毛、頭髪、ヒゲなどにも寄生するケースがあります。

ケジラミが寄生する箇所の血を吸うことで激しい痒みに襲われます。

他の性病のように湿疹やかぶれなどの症状が見られません。

ケジラミに感染してすぐには痒みを感じません。大体感染して1~2ヶ月くらい経過したあたりから痒みを感じ始めます。

ケジラミが寄生した場合は早急に病院で治療を受けるようにしましょう。そのまま放っておくと、卵を産んでケジラミ自体の数が増加していきます。

ちなみに成虫になったケジラミは30~40個もの卵を産みます。

治療方法

ケジラミは病院で治療することができます。皮膚科や泌尿器科、性病科、産婦人科などで診療を受けられます。

寄生した場所をフェノトリンパウダーやフェノトリンシャンプーなどで洗浄してケジラミを駆除します。

2週間ほど薬剤で洗浄を繰り返すことで完全に駆除することができます。

卵には効果が薄いので、卵から産まれるタイミングを狙って3日おきくらいのペースで薬剤を使用します。

コンドームでは予防できません

性病を予防するためにはコンドームの使用は一定の効果がありますが、ケジラミ症に関しては全然効果がありません。

ケジラミは陰毛部分に寄生します。男性器には寄生しないので、コンドームでペニスを覆っても意味がないのです。

相手の陰毛部分と接触することでケジラミに感染します。

相手の陰毛部分を目視で確認するしかないのですが、1mmくらいの大きさなのでケジラミが寄生しているかどうかを確認するのは非常に難しいです。

特に性行為をする際は部屋を暗くするカップルも多いので、さらに確認するのが困難になります。

性行為以外でも感染します

ケジラミ症は性行為以外でも感染します。非常に稀ですが、プールやサウナ、温泉などでも感染することがあります。

特に寝具やタオルなどを介して感染することもあるので、ケジラミが疑われる相手と共有することは避けて下さい。

また、犬や猫などのペットを飼っている場合にはそれらのペットにも感染することがあります。

もしあなたがケジラミ症に感染していることが分かったら、あなたのペットを動物病院に連れて行って、感染しているかどうかを確認するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です