尖圭コンジローマの症状は検査方法を解説します

性病の中に尖圭コンジローマというものがあります。ヒトパピローマウイルスに感染することで発症します。

ちなみにこのヒトパピローマウイルスは良性型と悪性型に分類されます。良性型が尖圭コンジローマの原因となり、悪性型が子宮頸がんの原因となります。

実際に尖圭コンジローマがどのような性病なのかということを詳しく見ていきましょう。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマの症状

尖圭コンジローマは男女ともに感染します。どちらもピンク色や茶色のカリフラワー状の小さなイボができます。

症状が進行していくことで、イボのサイズが大きくなってきて、数も増えていきます。

男性の場合はペニスの亀頭や包皮の内側、陰嚢、喉などに症状が現れます。

一方で女性の場合は大小陰唇、腟前庭、腟、子宮頸部、喉などに症状が現れます。

尖圭コンジローマに感染すると小さなイボができるので、感染したかどうかはすぐに分かります。

しかし発症までには3週間~8ヶ月程度もかかることもあり、症状が出ていない状態で性行為をすることで相手に移してしまうこともあります。

また潜伏期間が長いため、不特定多数と性行為をしている場合はどの相手から移されたのかを特定するのが難しくなります。

検査・治療方法

尖圭コンジローマの検査は医療機関で実施しています。性病科や皮膚科、泌尿器科、産婦人科などで受けられます。

明らかに症状が現れている場合は早期に病院で治療をしてもらいましょう。イボの数が増えるとそれだけ治療が大変になります。

ヒトパピローマウイルスに感染しているかどうかを検査方法としては、患部の診察を実施して異変がある部位の細胞を綿棒などで採取して実施します。

尖圭コンジローマの感染が認められた場合は外科的治療を実施してイボを切除します。

その他には軟膏を塗って治療する方法もあります。

但しイボを切除してもウイルスが体内に滞在しているケースがあります。

実際に尖圭コンジローマに感染して治療を施した方の約25%が3ヶ月以内に再発しているというデータがあります。

そのため、治療を実施しても3ヶ月程度は様子を見なければいけません。

おそらく担当医師からも治療終了してから3ヶ月後にまた来院してくださいと伝えられると思います。

予防方法

尖圭コンジローマを完全に予防できる方法はありません。

尖圭コンジローマに感染している疑いがある相手とは性行為をしないことが何よりも大切です。

たとえコンドームを使用したとしても相手の喉にヒトパピローマウイルスが感染した場合は、オーラルセックスでも感染する可能性があります。

このことは他の性病にも当てはまります。オープンなセックスライフは控えて、信頼できる特定のパートナーとのみ性行為をするようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です