放置していると危険!淋病の症状や検査、治療方法を紹介します

性病にはいくつかの種類があり、淋病(淋菌感染症)も性病の中の一つです。

淋病

淋病の症状

淋病は男性・女性に関係なく感染します。まずは男性が感染した場合の症状から詳しくみていきましょう。

男性が淋病に感染すると、排尿時においてペニスに痛みを感じます。また、ペニスから白色や黄色の膿が出てきます。

また、ペニスだけでなく睾丸が腫れ上がって痛みを感じるケースもあります。

男性の場合は風俗店で移されることが多いです。風俗嬢からフェラチオ行為を受けることで感染します。

一方で女性が淋病に感染した場合はおりものの分泌量が増加したり悪臭をすることがあります。その他には月経時以外に出血をすることがあります。

女性は男性と比較して症状が軽いので、淋病に感染していたとしても気付かないこともあります。

さらに男女ともに喉に感染した場合は喉に痛みを感じます。

放置していると危険です

淋病は自然に完治することはありません。感染しているにもかかわらずにそのまま放置していると、症状がどんどん進行していきます。

女性の場合は体内にウイルスが侵入していき、子宮が妊娠や不妊の原因に繋がります。

また妊娠している時に感染してしまうと出産時に赤ちゃんにも感染してしまいます。

産道感染すると、赤ちゃんの両目に悪影響を及ぼして最悪の場合は失明する恐れもあります。

男性の場合は精巣上体炎を患うことで精子の生成機能が正常に働かなくなって不妊症になるケースがあります。

男女どちらも身体に悪影響を及ぼすので、淋病に感染したことが分かった時点で早期に治療を施すようにしましょう。

淋病の検査

淋病に感染しているどうかを知りたい場合は病院で検査を受けることができます。

男性の場合は泌尿器科や性病科、女性の場合は婦人科や性病科で診察を受けて下さい。また、喉に感染している疑いがある場合は耳鼻咽頭科で診察を受けて下さい。

PCR法やSDA法などの遺伝子核酸増幅法によって検査をすることが多いです。

遺伝子核酸増幅法は献体の中のDNAを増幅させて淋菌が存在するかどうかを確認します。尿や子宮頸管分泌物などから採取します。

淋病の治療

検査を実施して淋菌が存在していることが判明した治療を施します。

治療方法は有効な注射薬を投与する方法が採用されます。淋病の症状を確認しながら投与量や回数などを調整します。

また、注射以外にも経口抗生剤による治療も実施されています。

治療期間としては数日~2週間程度というケースが多いです。当然ですが、症状が軽ければ軽いほど早く完治します。

淋病の予防方法

淋病を完全に予防できる方法は存在しません。コンドームを使用することである程度の感染は防ぐことはできますが、オーラルセックスをした場合は無防備なので感染する恐れがあります。

淋病の感染を予防するためには不特定多数の相手との性行為は控えるようにしましょう。

また、彼氏や旦那さんが風俗好きな場合は風俗店で移されることもあるので十分に注意をして下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です