トリコモナス感染症は女性に多い性病です

トリコモナス感染症という性病が存在します。トリコモナス原虫という小さな虫に感染することでさまざまな症状が現れます。

非常に小さいので、肉眼で確認することはできません。特に女性が感染するケースが多いという特徴があります。

最近では若年層だけでなく中高年層でも感染者が増えている傾向があります。

トリコモナス感染症

トリコモナス感染症の症状

トリコモナス感染症は男性女性に関係なく感染しますが、男性が感染した場合は症状が現れない(無症状)ケースが多いです。

ごく稀に尿道炎や前立腺炎・精巣上体炎・亀頭包皮炎などの症状が現れることがありますが、全体の5%程度の低い確率です。

また排尿時にトリコモナスを外部に排出して洗い流されることもありますね。

一方で女性が感染した場合は様々な症状が現れます。例えば、悪臭のおりものが出たり、排尿障害になったり、膣に痒みや刺激を感じることもあります。

そのまま放置していると、他の性病と同時感染する恐れもあるので、疑わしい症状を自覚したら早期に病院で診察を受けるようにしましょう。

男性の場合は泌尿器科や性病科、女性の場合は婦人科や性病科で診察可能です。

検査方法・治療方法

トリコモナス感染症は病院で検査を受けることができます。

男性の場合は尿検査、女性の場合は顕微鏡検査でトリコモナス原虫が寄生しているかどうかをチェックします。

万が一トリコモナス感染症を患っている場合は内服薬で治療していきます。

女性の場合は抗原虫剤も併用して治療を実施するケースもあります。自覚症状の有無の確認とトリコモナス原虫の確認が必要なため、次の月経後に再度検査を受けなければいけません。

しっかりと治療することで完治することができるので、放置せずに最寄りの病院で治療を実施してください。

感染方法

トリコモナス感染症に感染している相手との性行為によって感染します。発症までに10日前後の期間を要します。

その他にはトイレの便座や浴槽でも感染する恐れがあります。

男性の尿道や前立腺に寄生することが多く、ピンポン感染する可能性が高いので、あなたとパートナーのどちらかに感染していることが分かったら、相手側も検査を受けることをおすすめします。

HIV感染率が高まる

トリコモナス感染症が怖いところはHIVに感染する確率が高くなることです。

そのため、あなたがトリコモナス感染症に感染している疑いがある場合は、絶対に放置しないようにしてください。

HIVに感染して非常に厄介なことになる恐れがあります。

HIVは免疫力を低下させる性病です。身体の抵抗力も低下してさまざまな病気にかかりやすくなります。

また、卵管炎などの骨盤内感染症や子宮頸癌などを患っている女性がトリコモナス感染症にも感染しているケースが多いと言われています。

これらの病気を患っている場合は念のため検査を受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です