クラミジアは男女ともに感染しやすい性病です

性病の中でも多くの感染者を出しているのがクラミジアです。クラミジアは男性・女性に関係なく感染します。

潜伏期間は1~3週間程度です。感染していた場合は潜伏期間を経て症状が現れてきます。

今回は男性と女性に分けてクラミジアの症状を解説していきます。

クラミジア

男性の症状

男性がクラミジアに感染すると、性器や喉に異変を生じます。

性器部分の異常に関しては尿道付近に痒みや不快感を覚えたりします。また排尿時に痛みを感じたり膿が出てくることもあります。

喉に感染した場合は軽い発熱があったり、喉の腫れ・痛みが出てきます。喉の場合は最初は風邪だと思いがちですが、風邪薬を飲んでも全然症状が改善しないので、病院で検査を受けた際にクラミジアに感染していることが発覚するケースもあります。

男性がクラミジアに感染した場合は女性よりも症状が軽いです。症状が出てもそのまま放置してしまうことも多いです。

そのため、その男性に交際相手がいた場合はその女性にクラミジアを移してしまい、女性がクラミジアに感染したことを知って自分自身も感染していることを知る男性も結構多いですね・・・(汗)

女性の症状

女性がクラミジアに感染すると、性器部分や喉にその症状が現れます。

おりものの量が普段よりも増えたり排尿時に痛みを感じたり、軽い腹痛に襲われます。喉に症状が現れた場合は痛みや腫れなどを伴います。

女性がクラミジアに感染した場合はより注意をして下さい。感染したにもかかわらずそのまま放置しておくと、子宮頸管炎、尿道炎、子宮内膜炎、卵管炎、腹膜炎などを発症する恐れもあります。

さらには不妊症になることもあります。

また、妊娠中にクラミジアに感染した場合は胎児にも悪影響を及ぼす恐れがあるので、身体に異変を感じたら早期に検査を受けるようにしましょう。

早期にきちんと治療をすることでお腹の赤ちゃんへの感染を防ぐことができます。

クラミジアの予防方法

クラミジアの予防方法としてはクラミジアに感染している疑いがある相手とは性行為をしないことです。

特に交際をしていない相手との、その場限りでの性行為は非常に危険です。

またあなたが女性で恋人や旦那さんが風俗遊びをしている場合は、通っている風俗店から移される可能性があります。

コンドームを装着することである程度の感染は防止できますが、100%安全ではありません。

上述しているように、性器だけでなく喉からも感染するので、オーラルセックスをするとコンドームを装着していても意味がありません。

その他には自分の性器に傷がある場合は性行為をすることを控えましょう。ウイルスは傷口から侵入しやすいので、通常時よりも感染率がアップします。

まとめ

クラミジアは男女ともに感染しやすい性病の一つです。

しかし症状が軽いケースが多いので早期に発見することが難しい特徴もあります。

性器や喉に異変を感じたら、恥ずかしがらずに検査を受けることをおすすめします。

万が一クラミジアに感染しても、軽度の場合は服用薬で治療できます。不安がらずに検査を受けて下さいね!