コンドームだけでは性病を完全には予防できません

性病を予防するためにはコンドームが有効です。

コンドームは男性器(ペニス)に覆い被すことで射精時に受精を防ぐために開発された避妊道具です。

サガミオリジナルやオカモトゼロワン、ジャストフィットXLなどが有名ですね。

男性器を覆い被すことができるため、どちらか一方が性病に感染していた場合でも挿入時における感染をある程度防止することができます。

しかし、コンドームを着けたからといっても100%性病の感染を防ぐことはできません。

感染

オーラルセックスは防げない

コンドームが性病予防に役立つのはペニスを女性器に挿入する時のみです。

つまり、フェラチオやクンニなどのオーラルセックスをする場合は性病の感染を防ぐことはできません。

例えば、ペニスに感染している場合はフェラチオをすることで女性の喉に感染してしまいます。

できればフェラチオをする際にもコンドームを装着するようにしましょう。

女性の膣に感染している場合はクンニをすることで男性の喉に感染する確率が高くなります。

正しくコンドームを使用しよう

単にコンドームを着けるだけではいけません。正しくペニスに装着しなければ挿入時に外れてしまい、精液が膣内に付着する恐れがあります。

十分に勃起していない状態でコンドームを装着すると、挿入後のピストン運動に耐えられずに外れてしまうことがあります。

また、コンドームの精液溜めの空気が入ってしまうとピストン運動をしている途中でコンドームが破裂する恐れもあります。

さらに射精をする間際まで生で挿入していて、射精の直前にコンドームを着けるのもNGです。カウパー液にもウイルスが存在しているので、感染する恐れがあります。

逆に女性側が感染している場合は当然膣内に生で挿入することで男性側も感染してしまう可能性が高くなります。

その他には万全を期すためにコンドームを2枚重ねて使用する方もいますが、これは逆効果になります。

それぞれのコンドームが擦れ合うことで破れてしまう可能性が高くなるためです。

射精後はすぐに外す

射精した後はすぐにコンドームを外して下さい。まだペニスが勃起しているうちに抜き取ることで精液を外部に漏れることなく処理することができます。

逆に射精した後でもそのままにしておくと、ペニスが小さくなってきて、知らない間に精液が外部に漏れてしまいます。

信頼できるパートナーとのみ性行為をする

このようにコンドームを装着するだけでは性病の感染を完全に防ぐことはできません。

日頃からコンドームを着ければ大丈夫だと思って不特定多数の相手と性行為をすることは絶対に控えましょう。

一番安全なのは性病に感染していない者同士の性行為です。相手のことを良く知らなければ性病に感染しているかどうかは分かりようがありません。

安全にセックスライフを楽しむのであれば、信頼できる恋人やパートナーとのみを相手にすることをおすすめします。

風俗店によく行く男性は性病の感染に気を付けよう

風俗で性欲を発散させている男性は結構多いです。恋人や奥さんがいない男性はもちろんですが、特定のパートナーがいる場合でも風俗に行く男性は存在します。

風俗で気を付けなければいけないのが性病です。実際に風俗に行って性病を移される男性は後を絶ちません。

では風俗で移される性病にはどのようなものがあるのかを詳しくみていきましょう。

飲み屋

クラミジア

風俗で一番移される可能性が高い性病がクラミジアですね。クラミジアは性器だけでなく咽頭にも感染します。

クラミジアに感染すると、性器部分から膿が出たり、排尿時に痛みを感じたりします。また喉に感染すると痛みや発熱が出ることもあります。

担当の風俗嬢が喉に感染していた場合にフェラチオ行為などをしてもらうことで、あなたの性器に感染します。

風俗嬢の性器に感染した場合にクンニ行為などをすることで喉に感染します。

淋病

淋病も風俗店で感染する可能性が高い性病の一つです。特にフェラチオ行為で感染するケースが多い特徴があります。

クラミジアと同様に尿道から膿が出たり、排尿時に痛みを感じたりします。

治療せずに放置しておくと、前立腺炎や血精液症になることがあるので十分に注意をしてください。

コンドームを使用する

性病に感染しないためには風俗店に行かないことが一番です。

どうしても風俗店に行きたい場合はコンドームを使用するようにしましょう。

フェラチオ行為をしてもらう際にもコンドームを装着して実施することである程度の感染を防ぐことができます。

その他にはクンニ行為は控えるようにしましょう。性器部分に口を接触させる行為は非常に危険です。

また性器部分や口腔に傷がある時は風俗に行くことを控えましょう。ウイルスは傷口から侵入するケースが非常に多いです。

病院で検査ができます

風俗に行って性病に感染したかどうかを知りたい場合は病院で検査を受けることができます。

男性の場合であれば尿検査を受けることで大抵の性病を検査することができます。

病院で検査を受けるのが恥ずかしいという男性もいます。また毎日仕事で病院に行く時間がないという男性もいます。

そのような場合は性病検査キットを利用して下さい。性病検査キットは自宅に居ながら性病の検査ができる便利な商品です。

インターネットなどで検索するとたくさんのサイトが見つかると思います。

自宅で献体を採取した後に郵送すると、しっかりとした検査機関で精密な検査を実施してくれます。

そして検査結果をメールなどで教えてくれます。

明確な症状が現れている場合は病院で診察を受けて治療することをおすすめしますが、症状が出ていなくて不安に感じる場合は性病検査キットは最適です。

検査を受けることでいままでの不安が解消できるのはメンタル的に助かります。

あなたも性病検査キットを購入してみてはどうでしょうか?

妊娠中に性病に感染していることが分かったら早期に治療をしてください

性病は本人同士の問題だけではありません。女性側が妊娠をしている場合は胎児にも悪影響を及ぼすことがあります。

実際に妊娠中の女性が性病に感染した場合に胎児にどのような影響があるのかを見ていきましょう。

妊娠

クラミジア

まず一つ目がクラミジアです。クラミジアは性病の中でも感染者が多い病気です。

女性が感染した場合はおりものの変化があったり、不正出血などが起こることもありますが、自覚症状がほとんどありません。

妊娠中にクラミジアに感染すると、流産や早産を招く可能性が高まります。

感染している状態で赤ちゃんを出産した場合はその赤ちゃんにも産道感染して、肺炎や結膜炎を患う恐れがあります。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは性器周辺に水疱ができる病気で、痛みや発熱などの症状が現れることもあります。

妊娠中に性器ヘルペスに感染して、そのまま出産した場合は赤ちゃんにも感染して新生児ヘルペス症候群を患い、最悪の場合は死亡することもあるので十分に注意をしましょう。

妊娠中にも抗ウイルス薬や塗り薬、点滴薬などで治療することができます。万が一出産までに完治できない場合は抵抗切開をして産道感染を防ぐこともできます。

梅毒

梅毒に感染した場合は感染した部位にしこりや腫瘍ができます。症状が進行していくと全身に赤い湿疹ができることもあります。

梅毒が完治せずに出産してしまった場合は生まれてくる赤ちゃんにも感染して奇形の原因になることもあります。

妊娠中に梅毒に感染していることが判明しても、抗生物質を使用して治療することができます。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は膣内で感染した真菌が増殖することで炎症を引き起こす病気です。

カンジダ膣炎は性病ではなく、普段から皮膚や口腔に常在している菌が悪さをします。

普段は悪影響を及ぼさないのですが、妊娠中は免疫力が低下しているので、体調を崩したりストレスを抱えることで真菌が活性化して炎症を起こすことがあります。

妊娠中にカンジダ膣炎に感染しても赤ちゃん自体には影響はありませんが、出産までに完治できないと産道感染で赤ちゃんにも感染することがあります。

赤ちゃんが感染すると口腔や股の部分が白くなる皮膚炎を起こしたり、オムツをはいた時のかぶれがひどくなります。

妊娠をしたら性病検査を受けよう

生まれてくる赤ちゃんのためにも妊娠が発覚したら性病検査を受けるようにしましょう。

病院の中には性病検査を受けるかどうかをあなた自身で選択できるところもありますが、万が一のことを考えて必ず性病検査を受けて下さい。

妊娠後期や臨月に入った時点で性病に感染していることが判明したら、生まれてくる赤ちゃんに多大な悪影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、性病検査は妊娠初期~中期までの間に実施してください。できれば妊娠22週目頃までには検査を受けましょう。