コンドームだけでは性病を完全には予防できません

性病を予防するためにはコンドームが有効です。

コンドームは男性器(ペニス)に覆い被すことで射精時に受精を防ぐために開発された避妊道具です。

サガミオリジナルやオカモトゼロワン、ジャストフィットXLなどが有名ですね。

男性器を覆い被すことができるため、どちらか一方が性病に感染していた場合でも挿入時における感染をある程度防止することができます。

しかし、コンドームを着けたからといっても100%性病の感染を防ぐことはできません。

感染

オーラルセックスは防げない

コンドームが性病予防に役立つのはペニスを女性器に挿入する時のみです。

つまり、フェラチオやクンニなどのオーラルセックスをする場合は性病の感染を防ぐことはできません。

例えば、ペニスに感染している場合はフェラチオをすることで女性の喉に感染してしまいます。

できればフェラチオをする際にもコンドームを装着するようにしましょう。

女性の膣に感染している場合はクンニをすることで男性の喉に感染する確率が高くなります。

正しくコンドームを使用しよう

単にコンドームを着けるだけではいけません。正しくペニスに装着しなければ挿入時に外れてしまい、精液が膣内に付着する恐れがあります。

十分に勃起していない状態でコンドームを装着すると、挿入後のピストン運動に耐えられずに外れてしまうことがあります。

また、コンドームの精液溜めの空気が入ってしまうとピストン運動をしている途中でコンドームが破裂する恐れもあります。

さらに射精をする間際まで生で挿入していて、射精の直前にコンドームを着けるのもNGです。カウパー液にもウイルスが存在しているので、感染する恐れがあります。

逆に女性側が感染している場合は当然膣内に生で挿入することで男性側も感染してしまう可能性が高くなります。

その他には万全を期すためにコンドームを2枚重ねて使用する方もいますが、これは逆効果になります。

それぞれのコンドームが擦れ合うことで破れてしまう可能性が高くなるためです。

射精後はすぐに外す

射精した後はすぐにコンドームを外して下さい。まだペニスが勃起しているうちに抜き取ることで精液を外部に漏れることなく処理することができます。

逆に射精した後でもそのままにしておくと、ペニスが小さくなってきて、知らない間に精液が外部に漏れてしまいます。

信頼できるパートナーとのみ性行為をする

このようにコンドームを装着するだけでは性病の感染を完全に防ぐことはできません。

日頃からコンドームを着ければ大丈夫だと思って不特定多数の相手と性行為をすることは絶対に控えましょう。

一番安全なのは性病に感染していない者同士の性行為です。相手のことを良く知らなければ性病に感染しているかどうかは分かりようがありません。

安全にセックスライフを楽しむのであれば、信頼できる恋人やパートナーとのみを相手にすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です