妊娠中に性病に感染していることが分かったら早期に治療をしてください

性病は本人同士の問題だけではありません。女性側が妊娠をしている場合は胎児にも悪影響を及ぼすことがあります。

実際に妊娠中の女性が性病に感染した場合に胎児にどのような影響があるのかを見ていきましょう。

妊娠

クラミジア

まず一つ目がクラミジアです。クラミジアは性病の中でも感染者が多い病気です。

女性が感染した場合はおりものの変化があったり、不正出血などが起こることもありますが、自覚症状がほとんどありません。

妊娠中にクラミジアに感染すると、流産や早産を招く可能性が高まります。

感染している状態で赤ちゃんを出産した場合はその赤ちゃんにも産道感染して、肺炎や結膜炎を患う恐れがあります。

性器ヘルペス

性器ヘルペスは性器周辺に水疱ができる病気で、痛みや発熱などの症状が現れることもあります。

妊娠中に性器ヘルペスに感染して、そのまま出産した場合は赤ちゃんにも感染して新生児ヘルペス症候群を患い、最悪の場合は死亡することもあるので十分に注意をしましょう。

妊娠中にも抗ウイルス薬や塗り薬、点滴薬などで治療することができます。万が一出産までに完治できない場合は抵抗切開をして産道感染を防ぐこともできます。

梅毒

梅毒に感染した場合は感染した部位にしこりや腫瘍ができます。症状が進行していくと全身に赤い湿疹ができることもあります。

梅毒が完治せずに出産してしまった場合は生まれてくる赤ちゃんにも感染して奇形の原因になることもあります。

妊娠中に梅毒に感染していることが判明しても、抗生物質を使用して治療することができます。

カンジダ膣炎

カンジダ膣炎は膣内で感染した真菌が増殖することで炎症を引き起こす病気です。

カンジダ膣炎は性病ではなく、普段から皮膚や口腔に常在している菌が悪さをします。

普段は悪影響を及ぼさないのですが、妊娠中は免疫力が低下しているので、体調を崩したりストレスを抱えることで真菌が活性化して炎症を起こすことがあります。

妊娠中にカンジダ膣炎に感染しても赤ちゃん自体には影響はありませんが、出産までに完治できないと産道感染で赤ちゃんにも感染することがあります。

赤ちゃんが感染すると口腔や股の部分が白くなる皮膚炎を起こしたり、オムツをはいた時のかぶれがひどくなります。

妊娠をしたら性病検査を受けよう

生まれてくる赤ちゃんのためにも妊娠が発覚したら性病検査を受けるようにしましょう。

病院の中には性病検査を受けるかどうかをあなた自身で選択できるところもありますが、万が一のことを考えて必ず性病検査を受けて下さい。

妊娠後期や臨月に入った時点で性病に感染していることが判明したら、生まれてくる赤ちゃんに多大な悪影響を及ぼす恐れがあります。

そのため、性病検査は妊娠初期~中期までの間に実施してください。できれば妊娠22週目頃までには検査を受けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です